風の色、海の色、バルセロナ色

バルセロナからの気ままな風。
<< 贅沢という風が吹く | main | 満員御礼 >>
Grau Garrigaへのオマージュ
モダン・タペストリーの先駆者だったジョセップ・グラウ-ガリーガ氏(Josep Grau-Garriga)が亡くなった。享年82歳。カタルーニャ・タピス学校(Escola Catalana de Tapis)の創始者のひとりである。




私は何よりもこの人の色彩感覚が好きだ。タペストリー職人として培われた確かな技術に、自由で豊かな発想、そして深みのある色彩。我が街で9月から開催される個展のオープニングに顔を見せる予定だったのに、その直前にフランスのアンジュで亡くなった。思いがけずも回顧展となってしまった訳で、先日の日曜の朝、誰もいない美術館でのんびりと作品を見てきた。ここは写真を写そうが作品に触れようが、別段とがめ立てする人がおらず、タペストリーを見るには最高の環境だ。こんな風に間近かでじっくり眺めてみる。





アンジュ(Angres)には彼の師であるジャン・リュルサ(Jean-Lurçat)美術館がある。アンジュ城には「ヨハネの黙示録」をテーマにした、現存する世界最古のタペストリー「黙示録のタピストリー」(14世紀)があり、この作品に啓示を得て制作されたのがジャン・リュルサの「世界の賛歌」という素晴らしい10枚連作のタピストリー。12世紀の施療院だった建物が博物館になっており、そのボールト天井の病室に収められているんだとか。行って、実物を見たい。静かにその前で佇みたい。

これはジャン・リュルサの「太陽」という作品。幻想的、かつ神話的世界。彼は伝統的タピストリーの技法を駆使しつつ、新しいタピストリーの世界を切り開いた。それをさらに発展させ、より自由な造形芸術へと進めたのがグラウ-ガリーガやロヨだった。




私の好きなタピストリーのひとつに、パリのクリュニュー美術館の「貴婦人と一角獣」がある。あの石造りの城館の薄暗い展示室の中で初めて見た時の感動は、「かほどに大きなタピストリーを飾りうる空間」を持つ文化について、初めて皮膚感覚で教えてくれた事によるものだった。そのあまりの空間性に圧倒された覚えがある。日本の居住空間では生まれえなかったものだ。茶室空間の融合観とは違う、もっと物質的な力を感じた。

中世に発展したタペストリーは、石造りの城館の暖をとるためや、間仕切り扉の代わりにも使われる実用性、しかも巻いて運べる利便性から絵画よりも貴重な工芸品だった。純粋にタペストリーと呼ばれるものはいわゆるつづれ織りで、経糸が見えないほどに密に織られた横糸で図柄を描くのだが、刺しゅうなどで作られた壁掛をも広義では示している。



これはカタルーニャのジロナ大聖堂に残る「天地創造」のタピス。11世紀のもので刺繍で出来ているのだが、約1000年を経たものとしては保存状態は良好である。全能者キリストを中心に頂き、その周りに旧約聖書の物語が織り込まれていて、当時の人々の信仰の強さとその明るさを伺わせる。私がロマネスクが好きなのは、そこにまだ無心さが宿っているからかもしれない。

ここには宇宙がある。私たちは宇宙を織り込む事もできるのだ。だが芸術作品と言うのはその前に立ってみなくては、何も解らない。その色もテクスチャーも、そしてその作品の持つ空間性も。私は昔、美学を専攻する大学院生を恋人にしていた事があるが、実際に見た事もない作品を画集からだけで論じようとするのか、できるのか、謎だった。どうしても理解できなかった。創作者と観察者の溝は深い。


「世界の歌 Le Chant du Monde」ジャン・リュルサ作


タペストリーには空間が何よりも重要だ。床の間の掛け軸と同じだ。ある空間が存在し、そこを宇宙にする為、あるいは宇宙と融合する空間を生み出す為に創作されるのだとしたら、私たちは自分の宇宙をも創り出す事が出来る。モノを創る人間における世界感、宇宙感。不可侵とはそこにこそある。そんな事を思ってしまう秋の夕べ。やっと思索的になれそうな気温になって来た、ってことかな?

| るな | タピストリー | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://dalks.bosquedesantcugat.com/trackback/1135939
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ