風の色、海の色、バルセロナ色

バルセロナからの気ままな風。
<< 廃屋の春 | main | 食べ歩きを愉しむ >>
風が吹いている
麦畑には、なぜかいつも風が吹いている。そんな気がする。私が暮らしているのはバルセロナの近郊だが、電車でほんの30分も走ればバルセロナは田舎に戻れる。仕事で街を歩く私は、オフになった途端に街も人の群れも必要がなくなる。休日など、たぶん犬を飼っていなかったら一歩も外へ出ずに済む気がする。犬は偉大である。



晩春の早朝の光。オレンジ色を帯びた朝日の昇る頃、麦畑に吹き渡る風の孤独な冷たさ。橙色という言葉を、ふと思い出す。そういえば、小学生の頃、私は写生会でいつも最後に提出する子であった。早々に仕上げて帰宅する子もいる中で、時間はさほど私にとって重要ではなかったのだろう、いつも最後まで色にこだわっていたりした。日永同じ風景に向き合って、色が移ろっていくのに焦燥と、そして取り残されていくかの微かな不安を感じたり。



頭の上に、はらりぱらりと花が散る。シジミ蝶のような花蘇芳が降ってくる。見上げれば、緑の鸚哥が花を食しているのだ。そういえば一足早く咲いていた、私が愛してやまぬ山桜に似た桜の花も食していた、憎きやつ。鳥が苦手な私は鸚哥も鸚鵡も区別がつかないが、虫など食べているのかと思えば意外や、花の蜜が主食なのが多いとか。むろんバルセロナに元より生息している訳はないのだが、ペットで逃げ出したり捨てられたのが、大繁殖してるらしい。鸚哥を大量に輸入してきた船が港で事故に遭い、逃げ出した彼らが群れとなっているのだとか、いろいろ説はあるが、ガウディのグエル公園やディアゴナル通り、モンジュイックの丘など、ナツメヤシを街路樹としているところでは大繁殖している。ナツメヤシの樹は巣にもなれば、その実を食することもでき一石二鳥という訳だ。ぎゃおぎゃおと姦しいこと極まりない。我が家の隣にヒマラヤスギが何本かあり、その巨木に巣を作っているが、それが朝一斉に飛び立つ姿は壮観だ。一度我が家のテラスのガラス戸に激突したらしく、屍骸が転がっていて驚いたことがある。



この時期、森に入ると野生の蘭に出会うことが出来るのも愉しみ。下草の中に咲いているから、ほとんどの人は気づかないだろうが、今年は大きな株に出会えて嬉しい。昨年から茶道の会に参加していて、毎回花を添えるのが愉しみになっている。基本、森の散歩の途中で出会う花を持っていくのだが、さすがに希少種に手を出すのは恐れ多い。一般にランは蘭菌と言われるものが栽培に不可欠らしいが、この周辺には蘭菌が存在しているのだなぁ、と地面をしみじみと見てみるが、違いなどさっぱり分からない(笑)。



こちらは本当に地味な蜂蘭。花の形がクマバチの仲間の蜂のメスとそっくりなので,本物の蜂と間違えたオス蜂が交尾しようとやってくるのを利用して、受粉の助力をさせてしまうという面白い習性をもった蘭なのだそう。そう言われればクマバチがぶら下っているように見える。



紫リモドリュウム。にょきっと地面から突き出るように地味に咲いているので見過ごしがちだが、これも蘭の仲間。野の花を愉しむのは私の暮らしを彩る重要なアイテムだが、茶道を再開してから一層愉しみかたが広がったように思う。お道具に凝る気はないが、毎回添える花は大切にしたい。これはおもてなしの心意気であり、花から広がる会話もまた拝見の醍醐味のひとつだと思う。今日のお花は、と思いを巡らすことにより、より一層に四季の移り変わりに敏感になった気がする。



これはヤセウツボという寄生植物。何とも不思議だが、白詰草などに寄生するのだとか。根が繋がっているらしい。地中海原産だが、日本の国立環境生物所によると、牧草によって混入した非意図的外来種で、日本では要注意外来生物に指定されている。植物でも人間同様にあるんだわね、要注意外来種(笑)。

それから、お菓子。今年は八重桜の花と葉の塩漬けに挑戦してみた。道明寺粉がなかなか手に入らないので、糯米の干飯にも挑戦すべきか悩んでいる。ちょっと季節遅れだが、桜餅はやはり関西風に限る。お茶仲間と今日のお菓子はこれ、今日のお花は何々と、そんな会話から見えてくる世界は意外に静謐だ。季節の花、季節のお菓子、自ら心を砕いたものを添えて客を迎えることこそが、亭主の心意気というものなのだろう。そういえば大阪城で見た秀吉の金の茶室、贅を尽くしたとも言えない、まことに金に飽かした見事なまでの下品さであったなぁ。

今日は蓬を摘んだ。遠い昔、祖母と一緒に爪を黒くして蓬摘みをしたことを思い出した。そんな思い出を包んで、蓬餅を作ろうと思う。幼少年期の記憶は慈愛の味わいだ。
| るな | 野の花を摘みながら | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://dalks.bosquedesantcugat.com/trackback/1135975
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ