風の色、海の色、バルセロナ色

バルセロナからの気ままな風。
<< 風が吹いている | main | 尊厳 >>
食べ歩きを愉しむ
バルセロナの本格的観光シーズンが始まる前に、この時期いろんな地区でタパス・ツアーが催される。各ビール会社との提携で、Qintoと呼ばれるビールのミニ瓶とそのお店の一品が付いて、2.5ユーロ辺り。トレンディな地区から庶民的な地区まで、お店も色々だしつまみも色々だ。協賛しているバルには看板が出ていて、最近はネットで時間帯のチェックもできるから、いかに効率よく回るかツアー・コースを練って出かける。普段はちょっと入りづらいこんな親父バルも、友人たちとわいわいと連れ立ってなら平気だし。



スペインは観光立国だが、とりわけ現在はバルセロナの方が首都マドリッドより観光客が多い。昔よくあった首都巡りツアーも、パリ、ローマ、そして今はマドリッドではなくバルセロナに切り替わってきており、マドリッドに行かないツアーも増えてきた。ガウディの種々の作品を初め、ムンタネルなどのアールヌーヴォ期の建築物が街並みの中に融け合っていて、若葉の今の時期が街が一番美しく見える。まだ暑すぎず湿度も低い今が、街歩きには最適だ。



バルセロナは今グルメの街としても人気。むろんミシュランの星レストランが多いバスク地方が、スペインでは最もグルメな地方として有名だが、街自体の観光スポットが少ないから、食べて歩いて街を楽しめるバルセロナが交通の便の良さもあって一番人気。夏は気軽にメトロに乗って海水浴も愉しめる。この時期にバルセロナを歩いていると、自分はなんと美しい街に暮らしているのだろう、という喜びに浸れる。



そんなバルセロナのプチ・グルメを楽しめるのが、このタパス祭り。いろんな地区でやっていて、ラバル(El Raval)地区はバルセロナの下町の心臓部、ピカレスク界隈。最近とみに人気なのがボルン地区。こちらはピカソ美術館界隈で、昔はちょっと危ない界隈だったが、今はすっかりお洒落な地区に生まれ変わり、若いデザイナーが最初のお店を出したい場所として人気。小さなブティックが並び、サンタマリア・デル・マール教会や旧ボルン市場周辺にタパス・バルが集中している。



今回行ってみたのはグラシア地区。かつて村だった趣をそのまま残している地区で、村の中の高級住宅区、庶民地区と顔つきもゾーンで違ってくる。庶民区に集中した協賛バルは、時間制限がなくビールと一品で2.40ユーロ、おまけにボリューム満点。この地区ではこのボリュームがなくては、住民は納得しないのだろう。特に凝ったものではない、普段のおつまみが多い。いわばB級グルメだ。4軒回って10ユーロ。これは友人と連れ立ってお賑やかに行くのが楽しい。



こちらは私の街でのタパス・ツアー。ちょっと小洒落たバルが多いせいか、おつまみもなかなかに凝っている。量も普通サイズ。時間帯が決まっているから効率よく回る必要がある。ちょっとしたゲーム感覚だ。


こちらバジリコパンのミニハンバーグ。6軒回ったらさすがに、もうビールには飽きてしまったけど(笑)。おつまみはそれぞれ被らないようになっているので愉しめる。昔はバルは親父の溜まり場的な感じが強くて、あまり気軽に(特に女性が)ビールとつまみを頼むなんてあり得ない感じだったが、時代はあらゆる意味でライトになってきている。サフォンの書いた時代にまで遡らずとも、ほんの四半世紀前のバルセロナは、ヨーロッパの中の田舎町だった。都市計画というのがいかに街の価値を高め、お洒落な街へと変貌させ得るのか、この四半世紀で目の当たりに見せてくれたのが、このバルセロナという街だ。

さて今週はランブラス通りでタパス祭りだとか。お値段は4.5ユーロ、格上のものを食べさせ愉しませてくれるのか、これまた楽しみである。
| るな | バルセロナという街 | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://dalks.bosquedesantcugat.com/trackback/1135987
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ