風の色、海の色、バルセロナ色

バルセロナからの気ままな風。
<< 秋深まる | main |
バルセロナという街に

その日、私は早めに仕事を終え帰宅していた。久し振りに昼食を家でとり、のんびりした気分でいた。そこに仕事仲間から突然のテロの知らせが届いた。8月17日、バルセロナで起きた一連のテロ。多くの死傷者を出し、子供たちも数多く巻き込まれた。

 

 

スペインが警戒度4に指定されていることは知っていたが、何故かバルセロナは大丈夫と思っていた。移民受け入れのプロジェクトを推進している街、共存を図ろうと、少なくともそう努力している街で、己の首を絞めるが如きテロは起こすまいと、そんな思いがあった。だがそれは、ただそう思いたかったというだけだった。

 

観光という仕事に携わっているので、仕事仲間との無事確認のメッセージが飛び交った。第一報をくれた仲間は、まさに今から旧市街散策に出かけようとしていた時に、仲間からストップが掛かったと言う。私の身にも起き得た事態だ。ニュースで驚く前にと、日本が朝になるのを待って家族に無事の知らせをする最中にも、こちらのニュースは犯人追跡の模様をリアルタイムで流している。Mossos(カタルーニャ州警察)の迅速で冷静な対応が我々住民に与えたものは、平常を保つことの大事さだったように思う。カタルーニャ広場の国鉄、メトロが閉鎖になり帰れない人たちのために、事件発生から2時間後には食事や部屋の提供、タクシーの無料サービス提供などが相次いだ。それらの多くは、食事一人分、部屋一人分というような慎ましい提供であったが、多くの人が今の自分にできる事に考えを巡らせた行動だった。

 

翌日、事件のあったランブラス周辺の店や市場こそ一部閉鎖だったが、サグラダ・ファミリアも美術館もすべて平常通りに観光客を受け入れた。メインストリートのブティック街もみな店を開けた。午後には国王を始めスペイン首相も駆けつけ、カタルーニャ州大統領やバルセロナ市長と共にカタルーニャ広場に何千人もの人々が黙禱集会に参加した。やがて「No tinc por 私は恐れない」というシュプレヒコールが静かに始まった。午後には公共交通は平常に戻り、ランブラスにも人が戻り始めていた。テロに屈しない、という姿勢を皆が一丸となって貫こうとしている。恐れていては前には進めないのだ、と。図らずも、バルセロナという街の強さをまざまざと見せつけた事件だった。フランスやイギリス、ベルギーなどで起きたテロ直後の街とは、バルセロナは徹底的に違っていた。この街は猥雑でありながら、なんとも云えぬ潔さを持ち合わす街なのだ。街を誇りに思う感情が私にあることにも、気づかされた。

 

26日の追悼デモ行進には50万人が駆けつけた。残念ながら私自身は仕事中で参加できなかったが、友人たちの多くが参加した。仕事中に州警察官に思わず駆け寄り、彼らの勇気を称え感謝の言葉を述べた友人もいた。デモには「No tinc por 私は恐れない」と書いたプラカードと共に、「Felipe VI y gobierno español, cómplices del comercio de armas フェリッペ6世とスペイン政府は、武器輸出の共犯者だ」という大きな横断幕が掲げられた。スペインと仲の良い湾岸諸国の国に、スペインが武器や弾薬を売っている事がテロの温床となっているという抗議だ。10月1日に再度行われる独立の是非を問う住民投票は、前回の35%程度だった投票率を、恐らく大きく上回るのではないだろうか。イギリスのEU離脱騒動を踏まえ、より現実的になったと思われていたカタルーニャだが、今ここでその民族意識は高まりを見せ結束力を強めている。対話さえ拒むスペイン政府のやり方に不満も募っている。9月11日の「カタルーニャ民族の日」に向けて、バルセロナは今動こうとしている。

 

| るな | バルセロナという街 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://dalks.bosquedesantcugat.com/trackback/1135996
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ